So-net無料ブログ作成

ヤブ医者について [本音・毒舌]

保険金に対する個人的意見

という前回の記事に続いての関連記事になります。

 

オイラが昔やっていた仕事は、損害保険の業務を代理する仕事でした。

 

イロイロな保険会社から仕事を委託されて迅速に処理をする。

だから、保険会社の社員が時間を掛けてノロノロやっているような話をさっさと片付けて・・・

それを評価されなければ次の依頼は来ない。

 

仕事を始めた頃に先輩に言われたのが・・・ 

『1日も早く保険金の支払いを済ませてあげるのが、早く事故から立ち直る手伝いになる』

というものでした。

 

事故が無かった事には出来ない。

怪我した痛みを急に無くす事も出来ない。

自分達の役割は、精神的苦痛から1歩前に進む後押しをするという事でした。

 

そんな事と逆な事をするのが、ヤブ医者なんです。

 

イロイロな保険会社とお付き合いがありましたが・・・

どこも口を揃えて名前を上げるような病院がその地域にありました。

 

その病院は綺麗で、いつも待合室に沢山の患者さんがいました。

患者さんに言わせれば “良い先生” だそうです(笑)

 

痛いと言えば毎日でも診察してくれるからだそうです。

 

そこで、オイラは患者さんに意地悪な質問をします。

『先生に、いつ頃良くなるか聞きましたか?』と・・・

答えは「先生にも分からないという事でした」みたいな感じです。

 

『毎日のように通院しているんですか?』

「先生が痛いんなら毎日来た方が良いよ って言いますし・・・」

 

そこで、また質問をします。

『治療に毎日通って症状は良くなって行ってる感じはしますか?』

答えは「あんまり以前と変わりません」

 

『症状が改善されないのに病院を換えようと思いませんか?』と言うと・・・

「優しくて良い先生だから換えるなんて考えた事もありません」と言います。

自分の症状が改善されていかないのに何の疑問も持たないのです。

 

だから、この病院はいつも人が沢山いて儲かっている訳です。

温熱治療だけをするので、治療直後は痛みが和らぎますが・・・

それは痛みを誤魔化しているだけだからです。

根本的な治療や精神的なサポートにはなりません。

早く良くなったら保険会社から治療費を沢山取れませんからね(爆)

 

患者さんの話を聞くと・・・

「仕事が忙しいから大変なんですけど、先生が痛いなら毎日来なさいと言うから・・・」と言ってました。

 

 

じゃあ、保険会社的に考える良い医者とは・・・

患者に厳しかったりします。

無理に会社を早退してまで治療に来るように薦めたりしません。

 

むしろ「少しの痛みは我慢して、我慢出来ない程に痛くなったら来るように・・・」なんて言ったりします。

当然、多少痛みがあってもリハビリをするように指導するでしょう。

 

確かにその時は患者さんにしてみれば痛くて大変だと思います。

でも、それが短期間で怪我が回復に向かう治療法なんだという事です。

 

やさしいと言われる医者だと1~2年掛かるような怪我が、厳しい医者だと治療期間が

半年程度で痛みが緩和されたりというケースをいくつも見ました。

 

医者の方針でこんなにも治療期間は変わってしまいます。

 

1日も早い怪我からの回復を願う厳しい医者と・・・

とても優しくて思えるような感じだが治療期間がものすごく長く掛かる医者。

 

本当に患者さんの事を考えた治療をしているのはどちらでしょう?

 

アナタはどちらが良い医者だと思いますか?

 

一時期に痛みは強く出るが、短い期間で苦しみから解放されるのと・・・

痛みを抑えながら長い期間悩まされる生活と・・・

 

アナタならどちらを選びますか? 

 

 

 

どう考えても、長く治療しているのに怪我の改善が見られないような非効果的な治療を続ける

医者はヤブだと思うんですけどね。

 

まあ、この話を聞いて保険会社から評判の良い病院に切り換えて・・・

結果、早く症状が改善される。

 

事故の悪夢から開放される。

 

最終的には、早く示談が出来る。

 

これが、オイラの勝利の方程式でした。

 

これこそが、被害者の人が1歩前に進むお手伝いだと思いました。

 

 

最後にひと言

 

優しいだけでは真の目的は達成されない!


保険金に対する個人的意見 [本音・毒舌]

また、こんな記事を書いたりすると反感をかうかもしれないが・・・

自慢じゃないが、オイラは事故で相手方から保険金を受け取った事が無い。
(結局、自慢ジャン  爆)

事故った事が無いのではないけれど・・・
保険金をもらうほどの事故は無いというか・・・

1件に関しては任意保険未加入の車だったり・・・

もう1件は運送会社でそこの社長がケチな人間で、「運転手がどう言ったかは知らないがウチは
悪くないから保険使うつもりなんて無い」と突っぱねやがって・・・警察に連絡したら
運転手が自腹でバイクの修理代を払ってくれたり・・・
(その運転手はそんなひどい会社は辞めた)

その他にもあるが、どれもこれも大した怪我も無く済んだ事ばかりなのだ。


昔、保険関係の仕事をしていた事もあり・・・

もらえる金はもらう的な考えが無いのです。

相手だって悪気があってぶつけてきた訳でもないし・・・
(悪気があったら困る)

それこそ、相手が保険に加入してなければ修理代や慰謝料をもらうのは難しいし・・・

自分が加害者側になった事もあるし・・・

少しぐらい多くお金もらっても嬉しくないし・・・

そういう揉め事にエネルギーを使うぐらいなら、さっさと話を片付けたいと思うんですよね。



実際にオイラが仕事で関わった人にも少しでも多く保険金をもらうために話を長引かせて
しまう人が結構いました。

でも、そこまで頑張ってほんの少し保険金が増えただけで、本当にその人は幸せになれる
のでしょうか?

示談に応じなくても保険会社は困る訳ではないので・・・
その程度の事では保険金が大幅に増える事もありません。

話を長引かせた分、自分が精神的に引きずるだけです。

加害者側も困らない。
保険会社も困らない。

自分の心に整理がつかないだけです。

幸せになるには、1日も早く話しにケリを付けて・・・
早く事故の事は忘れるようにする事だと思います。


そうした方が自然と体の回復も早くなるという研究結果も報告されています。

簡単に言えば、被害者意識の強い人の方が怪我の回復が遅いのです。

例えば、自損事故で怪我をした場合など・・・
誰からも保険金をもらえないし・・・
怪我して働けないと自分が困るし・・・
怪我が長引いても何の得も無い。
そういう人は怪我の治りが早いそうです。

加害者がいないから被害者にもなれやしない。



ちなみにオイラの場合、何度かオカマ掘られてますけど・・・
ほとんどムチウチの症状が出た事が無い。
(軽い首のハリなどはあるが)
そして、軽いムチウチ程度で病院に行ったり・・・
保険金の請求手続きしたりは面倒くさいと思っています(笑)
被害者になるのなんて御免だ!
たぶん、そういう考えだから怪我しないのかもしれません。

きっと、そういう風に守護霊さんが守ってくれてるんでしょう(爆)

そりゃあオイラだってお金は欲しいけど・・・
そういう形でもらったお金では幸せになれないと思っています。

 

しかも、少しばかりもらうお金を増やすために費やすエネルギーを考えれば・・・
自分で自分を疲れさせるようなものです。

それこそ、自分で自分の首を絞めてしまいます。

だから、もらう保険金は少ないに越したことはない。


純粋にバイクが好きだったりする。 [本音・毒舌]

純粋にバイクが好きだったりする。

 

特にHONDAとBMWとトライアンフが好きだ!

 

そして、ヤマハだろうがカワサキだろうがスズキだろうが・・・

ドカティもハーレーもべスパだってKYMCOだって・・・

SSだってオフ車だってスクーターだって・・・

何だって好きだ!

 

純粋にバイクが好きだという事は素敵だと思う。

 

そして、純粋にバイクが好きな人とは仲良くなれると思う。

 

そして、オイラが仲良く出来ないと感じる人は・・・

 

不純な何かを持っているんだと思う。

そういう人って子供みたいに無邪気に笑ったりしないんだよね。

 

純粋にバイクが好きな人って、一緒に走ると素敵な笑顔を見せてくれる。

駆け引き無しの素敵な笑顔を・・・

 

 

心に裏表のある人の笑顔は、なんとなく作り笑顔っぽくて・・・

胡散臭く感じる。

 

 

オイラのそういう直感は、よく当たる。

 

ここ最近、素敵な出会いと・・・

 

やっぱりなぁ・・・ という事件とが起きましたとさ(笑)

 


kobabanさんと山へ [ツーリング]

南アルプスツー
お久しぶりです、kobabanです。

◎本日のルート
東名(横浜町田~裾野)→K24→R469→南富士エバーグリーンライン→K180→K72
→R139→R300→K37(南アルプス公園線)→奈良田でUターン→K37→R52
→K808→梅ヶ島林道(安倍峠)→K29→K74→R1→東名(清水~横浜町田)

 走行距離:485km

 

というkobabanさんの記事で読んだ方もいると思いますが・・・

 

安陪峠を走ってきました。

 

前日、相方のCBで霧が峰に出掛けて・・・

急遽、そのまま泊まる事にしたので・・・

この日もCBのまま走る事になりました。

 

kobabanさんとは10時に 道の駅朝霧高原 で待ち合わせました。

 

ビーナスラインから諏訪南ICへ・・・

甲府南ICで下りてひと山越えました。

 

合流した後、本栖湖経由の 300号線で身延へ下りて・・・

 

今日の目的地 37号 南アルプス公園線 を走りました。

予想していたより緩やかなカーブが多く高低差も無いので

SS系マシンの方が楽しいかも知れません。

 

しかも、この道は奈良田からマイカー規制で行き止まりになるので・・・

交通量が少なめでした。

そこそこのペースで飛ばせるので気持ち良く練習出来るかも?(笑)

※じゃあ、本番はいつだ?というツッコミはお断りします(爆)

 

 

 

 

思ったよりも標高が上らない道路だったので暑かったです。

Uターンして下りてきたらお腹が空いたので、道の駅富士川ふるさと工芸館 で食事にしました。

 

午後はどこを走ろうか地図を見ながら考えて・・・

 

クネクネしていて面白そうなので安倍峠を目指しました。

 

ダートこそ無かったものの、ところどころ砂利が・・・

まあ、重たいBMWじゃなかったのが救いでした。

 

安倍峠

 

 


 

 

 

いやいやずいぶん登ってきました。

天気が良ければ絶景でしょうね。

 

そのまま反対方向へ下りていきましたが・・・

こちら側は道が綺麗です。

 

安倍川に沿って29号線で静岡方面へ下り、清水から東名に乗りました。

 

高速をスイスイ進んで行くと、御殿場の先は渋滞表示。

さすがに、暑さでやられてだるいので・・・

スリ抜けしていく気力がありません。

 

ガスも補給しないといけないので足柄SAに入りました。

ゆっくり休んでいるうちに渋滞が解消するように願い・・・

 

そういう事で二人の意見は一致したので・・・

風呂に入って軽く寝ようという事に(笑)

 

知らない人もいるかもしれませんが、足柄SAにはそういう施設が充実しています。

 http://www.c-exis.co.jp/hotel/index.html

 

軽く寝た後、飯を食べたら元気復活しました。

 

渋滞は解消していませんでしたが、40キロ程度の速度でスリ抜けて・・・

思ったよりは短い時間で帰宅できました。

(大井松田から海老名まで渋滞でした)

 

 

結局、次の日曜日も一緒に走る約束をしました。

次は群馬方面でも行ってみましょう。

 


CL&CB400SSミーティングに参加させて頂きました。 [ツーリング]

CLCB400SSミーティングに参加させて頂きました。

harryさん からお誘いのメールを頂きまして・・・

過去のCLSSオーナー達もお出でになるので違う車種でも大丈夫という事でした。

 

まあ、ホンダ車に囲まれるのは間違いないでしょうから・・・
相方のCB400Four97’に乗って行く事にしました。

 

オイラも最初のマシンにCBX250RSを選んだぐらいですから・・・

ホンダの単気筒マシンとかカフェレーサーなんて大好きなんですよね。

 

 

石川PAで合流して長坂から一般道をクネクネとビーナスラインを目指して行きました。

 

 

 

当初は次の日にもツーリングの約束をしていたので日帰りの予定でしたが・・・

あまりにも気分良く走ってしまい・・・

宿泊の空きもあるというので、急遽一緒に泊まる事にしました(笑)

 

 

 

霧が峰で集合して昼食を取った後・・・

ビーナスラインを美ヶ原まで往復しました。

 

 

 

 

 

 

 宿泊先ではかわいい犬が遊んでいました。

 

 ログコテージ霧ケ峰 http://www.kirigamine.com/frameset.html

 

 

 夜になると雲も広がり・・・

標高も高いのでだいぶ冷えてきました。

 

 

でも、宴会は熱く・・・深夜まで

 

 

こんなお茶目な光景も(爆)

 

皆さん根っからのバイク好きな人ばかりで・・・

とても楽しい話が聞けました。

 

 

翌朝は、オイラは朝霧高原で10時に待ち合わせたので・・・

朝食後、ひと足先に出発させて頂きました。

 

また機会がありましたら、もっとイロイロ話したいなぁと思いました。


勉強と修行 [哲学・人生]

人生とは勉強と修行を繰り返していくようなものではないだろうか?

先日アップした画像を沢山の方からお褒めのコメントを頂き、嬉しく思っています。

まあ、写真を撮るのが趣味だとプロフなどにも書いている訳で・・・

それなりに勉強したつもりでいます。

好きこそ物の上手なれ・・・と言いますが
趣味の世界なら、それこそ上達したいと思うのが自然なんじゃないでしょうか?
(仕事なら必然だから)
そう思えば勉強も苦にならない。

最近はデジカメが普及したり携帯のカメラ機能も性能がアップして・・・
写真を撮るのが気軽に誰でもという時代です。

勉強しなくてもそれなりの画像が撮れます。

オイラも最初はカメラの知識も無く、ただ撮っていました。

でも、それだけではカメラのパンフレットなどに載っているような写真は撮れません。

やはり、それなりに勉強が必要でした。
でも、勉強したからといってイキナリ上手く撮れる訳でもありません。

自分のイメージ通りの写真を撮るには修行が必要です。

実はサーキットでの撮影は、6年ブリ2度目の経験です。
前回は鈴鹿の8耐で、まだフィルムのカメラを使っていました。

まあその時は、出来上がりの写真を見て・・・
200カット以上撮って、なかなかというのは5カット位でした。

特に、流し撮りは初めて挑戦して・・・
出来上がりを見ての経験が勉強になりました。

それから、カメラ雑誌などでプロの人はどれぐらいのシャッタースピードで撮るのかデータ等も
気にして見るようになりました。

そういう勉強から今回は自分なりにレンズの選択とか・・・
シャッタースピードと絞りを考えました。

今ではデジカメを使っているので、失敗してもフィルム代を無駄にする心配もないし(笑)

最終コーナー付近は望遠ズームの100~400F4で狙いました。
このレンズは高いだけあって手ブレ防止機能に流し撮りモードが装備されています。

そして、比較的距離に近いホームストレート側では28~75F2.8と使い分けました。

ちなみに、キャノンのデジタル1眼はフィルム用カメラに対してレンズが1.6倍になるので・・・
160~640mm と 45~120mm 相当に換算されます。

カメラの性能的にもシャッターボタンを押してから実際にシャッターが切れるまでの時間差が
コンパクトカメラでは大きすぎますが、デジタル1眼はそこの時間差もほとんど無いし・・・
連写も使えるので、バイクが速過ぎて写ってないという事もありません。

いくらプロのカメラマンでもコンパクトカメラで速い被写体を撮るのは無理でしょう。

つまり、勉強して機材も十分に準備して修行して・・・
初めて上手く出来るんじゃないでしょうか?

そういうのは、カメラに限らず・・・
バイクでも、釣りでも、何でもそうだと思います。

何でも上手く出来るようになるには、情熱が必要なんですよ!

情熱の分だけ、時間やお金を投資出来るんでしょうね。


五箇山ツー告知 [ツーリング等の予定告知]

9月22・23日に五箇山方面にツーリングを企画しています。

 

相方が免許取り立ての頃に訪れて気に入った場所です。

 

五箇山はこんなところです http://www.gokayama.jp/index.html

 

 

 

宿の手配もしなければならないので・・・

早めに参加表明をお願いしますね!


有朋自遠方來 不亦樂乎 [本音・毒舌]

有朋自遠方來 不亦樂乎   ・・・

ともあり、遠方より来る、亦楽しからずや  ・・・

 

なんていう言葉がありますけど・・・

 

3週続けて週末に遠方の友barbieさんと御一緒しているというのも何かの縁ですね。

 

最初に書いた 孔子の言葉ではないが・・・

遠方より客人がわざわざやって来るのだから・・・

出来るだけ丁重に持て成して、楽しい時間を共に過ごすのが礼儀だと思っています。

 

 

その為に自分が出来る事はしたいと思うのです。

今回も日曜日の出勤分は有給休暇を使いました。

 

 

なにせ、数少ない大切な友達です(笑)

今年の5月に四国まで行った帰りにオイラと一緒に走ってくれたのは barbieさん と ビスさん 

でした。

 

ブログで沢山の人との出会いはありましたが・・・

最近はオイラの毒気の強さに皆さんから距離を置かれています。

 

それこそ遠征をブログで告知したのに皆さんから無視されていたら・・・

人間不信がいっそう強くなった事でしょう。

 

あの時、ビスさん と barbieさん に救われたという気持ちがあります。

 

人間の真実は言葉ではなく行動だと思っています。

 

ブログ上でいくら素敵な言葉を並べ立てても・・・

言葉に行動が伴わないのならば意味がないと思います。

 

 

そして、オイラがブログ上で毒舌だとしても・・・

発言に翻弄されずに、オイラの行動を見て人間性を評価してくれる人達がいます。

 

そういう間柄が本当の友達であり、仲間なんだと思います。

 

これからもオイラの人間性は行動で示して行きたいと思います。

 

また、オイラも人の発言に振り回されずに・・・

行動を見て相手の人柄を判断したいと思います。

 

行動こそが、その人が何を大切に生きているのかを知るポイントだと思うのです。

 

言葉では嘘をつけます。

そして、行動は嘘をつかない真実である。

 

大切な友達だという気持ちも言葉だけでは伝えきれない。

だから、行動で表すのが大事なのでしょう・・・


モテ耐で撮影 [写真]

流し撮りってこんな感じ?


barbieさんのお友達のアッシーさんが走るというので・・・

モテ耐に行って来ました!

久しぶりのレース観戦でしたが・・・


流し撮りってこんな感じかな?(笑)

 


という事で昨夜の記事で1枚だけ画像をアップしました。

 

 

今回はその他の画像をアップです☆

 

ライダーもピットも応援も、暑い中頑張っているので・・・

オイラも良い写真を撮ろうと気合が入りました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 


隣のピットの人 [雑談]

もて耐応援 【番外編2】
ピットクルー は

常にマシンの整備 や チームの戦術 のことを考えている。

 

給油



タイヤ交換



タイム測定



Lap 数の確認



サインボード出し



でも、彼らはまだ気づいていない。

スナイパーKが

獲物を探してピット内に潜入していることを。 



狙った獲物は必ず仕留めます!

 

 

というみっくんの記事で書かれているピットの人って・・・

 

この黄色のツナギの人かな?(笑)

 

なんか知っている人っぽいけど・・・

 

朝からオイラが隣のピットにいるのに・・・

 

まったく気付いていない様子でした。

 

ほら、やっぱり・・・

     ふぁい@さん じゃん(爆)
 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。