So-net無料ブログ作成
中島みゆき ブログトップ

中島みゆき コンサートツアー2007 [中島みゆき]

あっ・・・みゆきさんのコンサートツアーのお知らせメールが迷惑BOXに埋もれてた(笑)

 

申し込まなくちゃね!

 

日程や申し込みは・・・ http://www.miyuki2007.jp/index.asp


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今夜は中島みゆきのオールナイトニッポン! [中島みゆき]

そういえば、今夜は中島みゆきのオールナイトニッポンが!
 
 
 
という事で、先日購入した・・・
 
ララバイSINGER

ララバイSINGER

  • アーティスト: 中島みゆき, 瀬尾一三, 中村哲
  • 出版社/メーカー: ヤマハミュージックコミュニケーションズ
  • 発売日: 2006/11/22
  • メディア: CD
 
 
 
ここ最近、ず~っと聴いています。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

みゆきさんのCM [中島みゆき]

中島みゆきが出演中の

サッポロ生搾りのCMを見ていて・・・

↑クリックすると見れるかも?

 

あれ、みゆきさん エアロバイクを・・・

 

なんか、不思議な感じがした・・・

 

だって、自転車には乗れないと記憶していたから(笑)

 

 

だから、ペダルをこぐ姿が想像できなかった・・・


nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

中島みゆきについて語る・・・ [中島みゆき]

「中島みゆきの何がいいの??」

竹内博士の記事にトラックバック!

 

では、質問に対して少しずつ答えていこう・・・

 

まず、みゆきさんは、今までのシンガーソングライターが表現しなかった、

人の心の裏側や矛盾などの繊細な動きを、

初めて歌詞として表現した人と言えるでしょう。

 

人が心で感じていながらも、言葉で表現するのが難しい部分を

巧みな日本語を当てはめて、見事に表現している。

 

同じようなレベルで繊細な詩を書く人もいるかもしれないが、

詩にピッタリ合ったメロディーラインを付けられて、

初めて歌として完成される。

それで、詩ではなく歌詞としての本領を発揮する事が出来る。

詩ならば、長々と書くことも出来るが、

歌ともなると、簡潔明瞭で人に伝わらなければならない・・・

天才的とでも言いましょうか・・・

 

そして、心に響く歌声で歌い上げる・・・

総合得点で彼女を凌ぐのは難しい筈です。

 

その表現がリアル故に、人の心に突き刺さり・・・

一瞬は心が痛む物の、カタルシス(浄化)作用により、

徐々に、痛みの薄れと共に傷が癒える効果をもたらす。

 

そして、人は誰しも陰の部分を心に持つ・・・

陰の部分を否定すれば、心は分離する・・・

陰の部分も陽の部分も両方受け入れてこそ、

心はバランスを保つ。

 

中島みゆきを、暗いと言う一言で片付けようとするタイプの人は

自分の心の陰の部分を無意識に否定しているのかもしれない。

他人に自分の良い所ばかり見せたい人かもしれない。

 

でも、良い所ばかり見せて愛されたとしても・・・

本当の自分を愛された事にはならないし・・・

それは、自分自身も本当の自分を愛していない事になる・・・

 

 

人間なんて、誰でも愛されたいと願っているんだ・・・

彼女の歌は、そう言って包み込んでくれるようだ・・・

 

 

 

 

そして、オールナイトニッポンでは、明るい喋りをするのだが・・・

ヤマハが運営する施設での爆発事故直後の放送の時などは、

『私はヤマハのいち社員として、どうしていいのか分かりません。

どうしたら、良いのか教えて下さい・・・』

と言って、言葉を詰まらせたまま・・・放送が終わった事もあった。

そういった部分に、真のやさしさが見える。

 

 

関連記事

追っかけ魂


nice!(5)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

追っかけ魂! [中島みゆき]

山本かおる さんの http://www.1242.com/diary/kaoru/

担当番組、FMエドガワの水色のジュークボックスも、

 来週からは1時間延長で15~19時の4時間番組に・・・

人気番組にのし上がりました

http://www.fm843.co.jp/profile/yamamoto.html

 

今日は2回戦の追っかけです!

実は、今日から始まるニッポン放送の番組

『塚越孝のおはよう有楽町』のhttp://www.1242.com/tukagoshi/

アシスタントと言う事で、陣中見舞いに行きました。

午前三時から局入りする、かおるさんを玄関前で待ちました

好きな娘を待ち伏せする少年のようにドキドキでした。

 

有楽町のニッポン放送の玄関と言えば、青春時代には

中島みゆき様の追っかけをしていて、よく行きました。

今は、時々仕事で・・・

TAXIドライバー~苦労人と見~えて・・・ ♪

 

みゆきさんのオールナイト最終回の参考までに・・・

 1987年3月30日 伝説の最終回

 

この時も、もちろん現場にいました。

LOVE

LOVE

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ニッポン放送出版
  • 発売日: 1987/05
  • メディア: 単行本

 この本の中に

車の運転席にいるオイラが良く見ると写っています!

 

 


中島みゆき ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。